スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニバス特集バックナンバー

2008年03月03日 17:19

日本・中国・韓国ミニバスフレンドシップマッチfrom堺2005年夏

ミニバス全道大会2005年夏

ミニバス全道大会2006年冬

ミニバス 卒団
スポンサーサイト

ミニバス卒団 -特集

2006年03月05日 11:17

ミニバス 卒団の季節です。 各地の卒団行事を特集します。

卒団のエピソード どんどん トラックバックしてくださいね

卒団式 前編ーうちの悟空はポイントガード  

卒団式 ー幌西ミニバス日記

卒団式ー喜怒哀楽の部屋

卒団式 ー南美ミニバス日記

卒団式 前編ーうちの悟空はポイントガード goku  
http://kitmsk.blog7.fc2.com/blog-entry-207.html

卒団式に行ってきました。9:00に始まって14:00過ぎまで、盛大な卒団式でした。悟空とお母さんは2次会のボーリング大会に出かけていきましたが、おやじは4次会の大人の飲み会まで一休みです。

 式の前に卒団生と試合をしました。卒団生VS1、2年から始まって、VS3、4年、VSジュニア、VSママバスと順番に試合をしていきました。卒団生は男子チームの1Qメンバー、2Qメンバーが基本でそれに女子が混じっていくというメンバー構成です。替わりばんこの出場とはいえ、相当走っているはずですが全く疲れを見せません。

 次は強敵、中学生軍団です。来てくれた中学生は当然みんなミニバスの卒団生です。まずは1年チームとやりましたが、やっぱり歯が立ちませんでした。次に2年生チーム。さすがに中学2年生ともなると体も大きく、パワーもスピードも全然違います。卒団生が1、2年をあしらったように、いいようにあしらわれてしまいました。

 最後はパパバスが相手です。パパバスチームには去年までのコーチと監督も入ってくれました。そしてなんと、おやじもくるま椅子で出場させてもらったのです。おやじは特別ルールで、おやじとお母さんで1人という扱いです。おやじはオフェンスだけでディフェンスはお母さんがやります。おやじは最初のシュートで力んでしまい、くるま椅子ごと後ろにひっくり返ってしまいましたが、次はうまくいってシュートを決める事ができました。

 バスケ経験者で「ダンクを決めてやる!」と豪語していたお父さんは予告どおり豪快なダンクを見せてくれました。惜しくも決まりませんでしたが、迫力たっぷりでした。監督と元コーチ以外は普段体を動かす事が無いらしく、気持ちは行ってるんですが体がついて来ないという状態で、試合の途中からへろへろになっていました。

 試合が終わって、校門の外でタバコをすいながら「子供たちは凄いね、自分でやってみてあらためてその凄さが解った」と話をしていました。だいたいタバコなんか吸ってるからダメなんですよね。そんな話をしながらおやじは内心、シュートを決められてよかった~とニンマリしていました。でもニンマリしていられたのはここまでで、次はいよいよ卒団証書授与式です。


卒団式 ー幌西ミニバス日記ほろにし
http://blog.livedoor.jp/kousaiminibasu/archives/2006-03.html#20060304

素晴らしい1年間を作ってくれた
6年生の卒団式が終わりました。

なんか、1年ってはやいですね。
今日の昼食会場でもあり、4月の総会会場でもあった
地区センターの部屋で思ってしまいました。
今日の天気も総会時同様、いい陽気だったので、
数日前が4月の総会だった気がします。

ほんのこの前、新しい代に変わって、
えりこ・ありはるが入団して、
とーこが選抜に入って、かなが入団して、
って思ってたらもう卒団式です。

でも、このまた同じ場所に戻ってくる間に
かけがえのない思い出をたくさんもらいました。

練習試合でことごとく負け続けた4月の土日。
強かった日新に僅差で勝って優勝した春の中央区大会。
宮丘とのしびれる延長戦を戦った春のCブロック予選。
初めて大きな体育館で戦い、強豪に勝った6月の全市大会
バスの中を歌い続けた全道大会へ向かう移動中。
そして、帰りに寄った十勝川温泉での40人ほどでやったオートキャンプ。
ひたすら走りこんだ、夏の芦別合宿。
自主的に始めた2学期からの朝ランニング。
準優勝したけど怒られたクボタ杯。
苫小牧遠征後に久々に渇の入った練習ができた伏見小学校での練習。
最高の出来だった、秋のCブロック予選初優勝。
ケガや風邪で最低の出来ながらも、5位に食い込んだ11月の全市大会。
強豪相手にいい試合を続けた強化リーグ。
最高の試合をした北見北光戦。

そして、みんなで一緒に汗を流した普段の練習。

そんな1年間を、いつも笑顔で明るくみんなを盛り上げてくれた6年生。
やさしい心をいつも持ち続けた、
最高の6年生でした。

休みがほとんどなくて体力的にはつらかったけど、
それ以上の感動や思い出、そして出会いをもらいました。

ありがとう。

君たちの残してくれた、
強いチームを目指すという雰囲気、
明るくいつも笑顔の絶やさない雰囲気、
みんなで励まし合う雰囲気、
どんなことも楽しもうとする雰囲気は、今後も幌西の伝統にします。

とーこ・えりこ・ありはる・かなの、
明るい未来をいつまでも応援しています。

では。

ps ミサンガ、サイズぴったりでした。


卒団式ー喜怒哀楽の部屋 きど

今日ミニバスの卒団式が行われます。

私は9ヶ月の指導でしたが、また子供たちから多くのこと学びました。
そして、子供たちのがんばりをたくさん見れました。
短いお付き合いでした・・もう一年くらい前に出会いたかったなぁ~って思う
チームでしたね。

一人ひとりの贈る言葉は寄せ書きに書きました・
もちろん!ドラえもん入りですよ!うふふ・・

ここでは一文字を贈りたいとおもいます。

アユには・〔歩〕両親の想いと同じでその足でしっかり歩いていってほしいですね。たとえその道が険しい道でもあなたのもっている才能をいかしながら突き進んでほしいです・・

ハナ・〔花〕あなたがいると周りが明るくなります。応援したくなります。
がんばれ!がんばれ!と・・そんなほのぼのした性格は結構得かも!
一輪の花でも味があるよ!

ツカサ・〔聖〕何か秘めたものをもっているあなたは神秘的な感じがします。
表現にはあまりださないけど、冷静でそして強さこそ感じます。
ところどころで頼もしかったなぁ~

キョウスケ・〔駆〕すばやい!そんなイメージがあります。コートを駆けるように、
これからも勇ましく立ち向かってほしいですね。
あなたには人を引き付ける何かがあります・人のためでも駆け巡れる様な!

ケンゴ・〔勇〕・・力をつけたら最大なものを持っている気がします。もっと自分を信じ・・その勇気をもってほしいです。きっと輝けるような気がします
これからがすごく楽しみですよ・・

コノミ・〔輝〕なんか・夜空にアル星の輝きをイメージしました。星はたくさんあって光っているのだけどその中でよく見ると輝きが違う☆が・・そんな星であってほしい・・よくみるといいところがたくさんあるよね。

アヤカ・〔魂〕力強さの中からこの文字が浮かびました。とても入り込んじゃうそこまで強いイメージです・一球入魂・・その中にやさしさがあるよね。
気合いれて・・ね。

サキ・〔華〕華麗さを感じます。派手さはないのだけれど冷静でそれでもって闘争心ももっているような・何処にそんな力が・・荒川選手のようにコートで華麗であってほしいですね。

サキ・〔優〕優等生というしっかり仕事をもこなします。リーダーシップもとれますよね。とにかく理解力が早い!いつも思っています。頭いいんだろうなぁ~
優雅な感じがするんですよね。

チッチ・〔桜〕ほのぼのとした顔立ちにはいつもニコッとしてしまいます。笑顔が最高!そしてみんなを明るくしてくれる・もう最高です!桜の花のようにみんなを明るくしてあげてくださいね。

トモ・〔静〕実力はあるけど、それが発揮できないときもあった。そんな時深呼吸して一息静についたほうがいいです。それがあなたの力を最大にしてくれると思います・その力を知っています。

エリカ・〔夢〕夢をもって、自分の意思をもって歩いてほしいですね。そしたらすごく輝けると思います。きっとこれからも仲間と支えあいながらがんばってほしい。自分の夢みつけよう!

みんな!卒団おめでとう!一緒に卒団できなかった仲間もいたとか?期間は短かったですが、精一杯補佐しました。
これからも遊びにきてね。明日から?うふふ・・


卒団式 ー南美ミニバス日記 nanmi
http://blog.livedoor.jp/nanbimini/archives/50295156.html

今日は、南美唄ミニバス少年団の卒団式。
卒団する6年生は、7名。

14時から学校の体育館で記念試合を行いました。

まず、卒団生vs在団生(2Q)

体の大きさ、スピード、技術、どれをとってもやはり6年生が一枚上手。
上級生がいなかったので、2年間このチームの中心としてがんばってきた自信と貫禄が漲っています。
でも、5年生以下も負けていません。声も出ているし、足も動いている。
今日の記念試合の意味を一番理解していたのが在団生たちだったかもしれません。
しっかりと先輩たちからのバトンを受け取ることができました。

つぎに、卒団生vsおやじおかん(2Q)

こちらは大爆笑!!!

おやじおかんチーム、元気がよかったのは3分間、まさにウルトラマン状態。
カラータイマーの消滅とともに、床に這いつくばる姿があちらこちらに。
その間を目にもとまらぬ速さで駆け抜けていく6年生。

試合ではいつも「走れ!」「足が止まってるぞ!」なんて言っているおやじおかんの面々もちょっと反省いたしました。こんなにきつかったのね

試合後、記念品の贈呈。

卒団生から「寄せ書き」と「写真入り記念ボール」をいただきました。
また宝物が増えました。ありがとう、大事にします。

在団生から卒団生への記念品贈呈のとき、新キャプテンYUKINAが涙。
それにつられるように卒団生の目にも涙。
おいおい、やめてくれよぅ。こっちはさっきから必死でこらえてるんだからぁ。

最後に卒団生一人ずつのランニングシュートで卒団式終了となりました。

HONOKA、SAEKO、YUI、KANA、MIHO、AYAKA、YUKI
卒団、おめでとう。今まで本当によくがんばりました。
ミニバスケットボールを通じて学んだたくさんのことを忘れることなく
新たなる目標に向けてまた努力を続けてください。
南美唄ミニバス少年団も、もっともっとがんばるからね。


特集:全道大会

2006年01月13日 07:19

全道大会を特集します。

oyaji
ミニバスおやじ連盟・おかん連盟


【大会】第31回北海道ミニバスケットボール選手権大会
【日時】2006年1月12日~15日
【場所】北海道恵庭市、千歳市、江別市
【内容】北海道最大の大会です。
    全国大会の北海道予選も兼ねており、
    全道各地の代表、男女48チームで争われます。

1月11日

いよいよ全道大会ー幌西ミニバス日記

いよいよ全道大会
あっという間に全道大会前日になってしまいました。
全市大会が終わったあとは、あと2ヶ月6年生とバスケができる!
と言っていたのに、もう明日開幕です。

でも、この2ヶ月でみるみる成長しました。
2ヶ月前は、全道大会に出れた!!というチームでしたが、
今は十分そこで戦えるだけの力をつけました。

予選リーグでは、夏全道で上位リーグにいた古豪南美唄さんと、
優勝候補の北見北光さんです。

今の幌西は十分に戦えると思っています。
けが人も無し、病人も無し。
あとは、集中力です。

悔いの残らぬよう、がんばろう!

全員集合♪ーHATAのひとりごと

ようやく・・・・そして、久しぶりにそろいました♪
11月の大会以来ですね。1ヵ月半ぶり?長かったですね~(笑)

やはり全員がそろうと違いますね!何が違うって?
まずは、活気が違う。プレイのつながり方や迫力が違う。そして、みんなの笑顔が違う。
要するに、全てが違いますね。

整形外科・整骨院・整体・針治療・内科と、さまざまな病院にかかりながらなので、完全体ではありませんが、とりあえずは全員がそろって最後の練習が出来たのは最高にうれしいです♪

明日の開会式で、いよいよ全道大会が始まります。
一日でも長く、ひとつでも多く試合をしたい。
そして、なによりも“思いっきり楽しむ”ことが目標です!

1月12日

開会式&優勝!! ー幌西ミニバス日記

今日は長い1日でした。

午前中学校で最後の練習を終えたあと、
全道大会の開会式の行われる江別市民体育館へ向かいました。
我が校は、中央区の真ん中にあります。
ということで、高速道路からも遠く、
この天気のおかげで、2時間弱かけて体育館に入りました。
(ちなみに、帰りは2時間強・・・)

体育館には、
夏に見た地方のチーム、
初めて見るチーム、
毎年全道大会に来ているチーム、
いつもの見慣れた札幌のチーム、
どのチームもいい顔して来ていました。

開会式は、とーこCAPがプラカードを持ち、
堂々と入場しました。
登録外の3・4年生と一緒に見守っていました。
この子たちもいずれは、あの場所へ!!

その後フリースロー大会が。
夏は、19本中最下位の3本・・・。
4本は決めよう!と挑んだところ、
何と10本も決まった!!
そして、何と12チーム中1位!!
おぉっ!!

優勝の副賞として、全員Tシャツをゲットしました。
こいつは縁起がいい!!

明日からは、いよいよ本戦。
勢いに乗っていきましょう!!

全道大会ネット中継!? ーうちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記

今日から全道大会がいよいよ始まります。今日12日は開会式とアトラクションだけなので、おやじはおかあさんが撮ってくるビデオで我慢することにして、おとなしく会社に来ています。明日は有給を取って参戦の予定です。

 今大会の決勝戦をテレビ中継してくれる北海道の地方局、フジテレビ系列のUHB北海道文化放送のホームページに大会のページができています。

http://uhb.jp/event/official/minibas2006/minibas2006.html

メニューに「大会映像」とありますので、試合の様子をネット中継してくれるのかもしれません。そういえば、去年の全道大会のときに試合会場をネットワークで繋いで他会場の試合の様子が大型モニターに映っていました。今考えるとネット中継もしていたのかもしれません。

 ってことは、悟空の素顔がネット上に流れるかも。乞うご期待です。

1月13日

全道大会 1日目 ーうちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記

今日は全道大会の試合の1日目です。昨日の開会式のアトラクションはフリースロー大会だったのですが、おやじは行かなかったので、お母さんが撮ってきたビデオでその様子を見ました。結果は1位になる事はできませんでした。1位チームは旭川地区の代表チームで。選手15名スタッフ4名の19投で14本成功という驚異的な成績で第1位に輝いたようです。ちなみに悟空チームは9本成功でした。

 今日の試合は前にも書きましたが、3チームづつの予選リーグで1位チームだけが決勝トーナメントに出場できることになっています。だから2勝すれば文句なしの決勝トーナメント進出が決まります。

 第1試合は釧路地区2位のチームとの対戦でした。これまでの大会と同様にスローな立ち上がりではありましたが、全市大会の時のような焦りは感じられず、11点差で無難に勝利する事ができました。

 第2試合は苫小牧地区1位チームとの対戦でいた。相手チームのコーチの方は選手たちを褒めてのせるタイプの指導者のようで、怒鳴りまくる指導者のチームとは違って、おやじは気持ちよく試合を見ることができました。同じチームの女子チームでしょうか、試合の間中応援の声が途切れる事はありませんでした。悟空はその応援の歌をしっかり覚えて帰ってきたくらいです。この試合は12点差の勝利でした。

 これで予選リーグの1位が決まり明日からの決勝トーナメントに出場する事が出来ることになりました。明日は恵庭会場で決勝トーナメントの1回戦になります。対戦相手はまだ決まっていなくって、明日の第2試合で決定します。明日も勝ち残って欲しいところです。

 今日は落ち着いていたたね、監督も悟空は強くなったって褒めてたよ。全国大会出場まであと3つだよ、明日も頑張れ!悟空。

まず1勝!! ー幌西ミニバス日記

いよいよ開幕!全道大会。

我がチームも予選リーグに登場しました。

vs南美唄(南空知1位)
前年度予選リーグを突破し、
今夏もいい結果を残した地区の1位です。
結果は

○49-29 で勝利!!

最後なので結果重視でOK。
冬の選手権初勝利で幌西の歴史に一歩を記しました。
いい形も見られ、明日につなげましょう。

明日は、強豪北見北光。
勝ったら、強豪美しが丘。

でも、何が起こるかわかりません。
(宮丘全国か?)

うちは、明日が天王山。
がんばろう!!

観戦日記(選手権北海道大会) ーHATAのひとりごと

今日から予選が始まりました。
前年度優勝地区代表のため、我チームはいきなり2試合でした。
2勝出来れば予選突破ですが・・・・・。

1試合目は函館地区代表のAさんでしたが、その前に・・・・・
今朝は旅行会社をつうじてバスを予約し、5時半に学校を出発しました。多少時間的に余裕を持っての行動でしたが、結果的にこれが幸いしました。
・・・・というのも、なんと江別会場に向かう途中にバスが動かなくなってしまったんです(汗)
雪や渋滞のせいではなくて、単なる故障でした。仕方が無くタクシーに分乗して江別会場に乗り込みましたが、早起きの疲れとこのトラブルのおかげで、会場に着いたときには心身ともにクタクタでした。
アップの最中も元気が無く、朝一の試合はただでさえ調子が上がらないので、非常に嫌な予感はしていました。
出だしから予想通り思うような展開に持っていけず、ハーフタイムではかろうじて1ゴールのリード。3Qでそのわずかなリードもなくなりましたが、試合終了2分前くらいからようやくエンジンがかかりだし、なんとか勝利することが出来ました。
42対35

2試合目は全国経験もある札幌地区代表のKさん。
私用のため1試合目には来れなかったレギュラーも、試合開始前ギリギリに間に合い全員そろって対戦することが出来ました。とはいえ、ほとんどアップしていない状況でしたが・・・・案の定この試合も1Qは負けましたが2Qで逆転。3Qはいまいち調子に乗れませんでしたが、4Qの中盤から調子が出始め・・・・・気持ちよく終われました。
45対24

どちらも厳しい試合だったため、故障者のケガが悪化してしまい、帰苫後すぐに病院に向かった選手も数名いるようです(苦笑)
明日は何人そろっているかな???

1月14日

男子準々決勝
(札幌)美しが丘28-34 恵庭 (札幌)
(室蘭)朝陽53-29 あさひBW (函館)
(小樽)望洋台26-62 発寒南 (札幌)
(札幌)ひばりが丘28-52 津別 (北見)

女子準々決勝
(苫小牧)錦岡 67-35 東ウィンズ(帯広)
(北見)北光48-41 美しが丘 (札幌)
(北見)小泉48-44 平取振内 (苫小牧)
(札幌)宮丘24-22 向陵M(旭川)

最高の試合 ー幌西ミニバス日記

今日、幌西ミニバスの冬の全道大会が終わりました。

vs北見北光(北見1位)

●30-47

2Qでの15点差が最後まで響きました。
あとのQは全道1のチームと互角、いや互角以上でした。
最高の試合でした。
最後の4Qなんかは、感慨深くなるほど素晴らしいチームになっていました。
2Qがこうなってしまったのは、
全て監督の責任です。
まだまだ監督は未熟だということです。

悔しくてたまりませんが、
とりあえずこれで一区切りです。

試合後、6年生は泣いていました。
そういえば試合後に負けて泣いたのは、
去年の12月中央区新人戦で7チーム中4位になったとき以来だなと思いました。
そのとき、大見栄をはって、
『このチームは絶対に成長する。信じて練習がんばっていこう!』
と言ったのを思い出しました。

そして1年後に、全道チャンプ?を相手に善戦、
たぶん全国出場の手稲宮丘(行けよ!!)には、・・・。

すごい6年生と出会うことができて幸せでした。
あともう少し自分に指導力があれば、
もう少し運があれば、
もう少し・・・、と思うと・・・。

でも、とーこは2年半、えりこ・ありはるは1年、かなは半年強しか、
まだバスケの経験はありません。
まだ彼女たちのバスケ人生は始まったばかり。
この経験を胸に中学に行ってがんばってもらいたいものです。

そして、私も5年生以下も6年生のように、
成長してまた新たなスタートをきりましょう!

応援してくださった皆さんありがとうございました。
これからもまたよろしくです。

観戦日記(選手権・準々決勝) ーHATAのひとりごと

なんとかここまで来ました。
運も味方してくれた部分も多いですが、ようやく選手たちの力が発揮できるようになって来ました。3試合めにもなると、ある程度慣れてきたようです。

今日の決勝トーナメント1試合目(準々決勝)の相手は、帯広1位のH・Wでした。
1勝1敗の三つ巴でゴールアベレージによって予選を突破してきた勢いのあるチームでした。
秋に帯広市に遠征に行ったときに一度対戦していますが、お互いに成長していますので手探り状態でした(汗)

出だしはいつもどおり先取点を許し、連続得点も許し、ファールも続きました(苦笑)
「また後半勝負かな?」と思っていたら、開始2分後くらいからこちらのペースに・・・・・。得意の展開になり選手たちも生き生きとプレイを始めました。
1Q:17 vs 6

2Qも続くかと思われた勢いでしたが、途中で点差が離れて気が抜けたのかチョンボを連発(泣)
CAPがいらいらし始め雰囲気が悪くなってしまいました(笑)
2Q:13 vs 8(累計:30 vs 14)

気持ちを作り直して後半に臨みましたが、いちど悪くなってしまった雰囲気は回復するまで行かず・・・・。
3Q:18 vs 12(累計:48 vs 26)

最後は良い形で終われるように・・・と気を使いながら、故障者の様子を見ながらの展開。
4Q:19 vs 9(累計:67 vs 35)

点差的には離れましたが、4ファールのベストメンバー数人、新しい故障者も出てきて、苦しい展開でした。

明日の最終日。
ほとんどの選手が、体のどこか(複数の選手も)に爆弾を抱えながら満身創痍の状態ですが、残っている気力を振り絞ってがんばってきます!

決勝トーナメント当日 ーうちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記

今日は決勝トーナメント1回戦です。おやじは例によって早く目が覚めてしまいました。おやじがバタバタしても始まらないと解ってはいるのですが、どうしてもこうなっちゃいます。

 今日の札幌は曇っていて今にも雪が降り出しそうですが、今は降っていません。天気予報ではこれから晴れて気温も上がりそうなので、恵庭までの高速道路もきっと大丈夫でしょう。

 昨日の予選リーグでは波乱がありました。女子の札幌1位チームが1敗してしまったのです。このチームとは去年からず~っと一緒に練習したりしていて、一緒に全国を目指していただけに残念です。でもまだ可能性が消えたわけではないので、気持ちを切らさずにいて欲しいと思います。

 大きな大会になると本当に何が起こるかわかりません。悟空たちも気負わず、慌てず、焦らずに自分たちの持っている力を100%発揮できるといいと思います。おやじはすでに気負って、慌てていますが悟空たちの前では冷静を装って、できる限りの応援をしてこようと思っています。それでは行って来ます!

あと2つ! ーうちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記

やりました!決勝トーナメントの1回戦を無事勝ち抜いて、準決勝進出を決めました。ベストフォーです。決勝トーナメント開始前に予選ブロック1位チームの表彰式が行われました。決勝トーナメント進出を決めた8チームのキャプテンが集まって、小さなトロフィーをもらいました。

 悟空チームの決勝トーナメント1回戦の相手は小樽地区の代表チームでしたが、悟空の1Qが終わった時点で20:2とすばらしいスタートダッシュを決める事ができました。その後も少しずつリードをひろげ、4Qの残り3分には全員が控えメンバーと交代して、チーム全員出場を果たすことができました。まさか全道大会の決勝トーナメントで全員出場ができるとは思ってもみませんでしたので、4、5年メンバーにはいい経験になったと思います。

 決勝トーナメントの第1試合では大波乱がありました。カズキチームが同じ札幌地区、5位のチームに負けてしまったのです。悟空チームにはおやじはもちろん、選手、お母さんたちにはかなりの衝撃があったみたいです。試合終了直後、カズキは涙も見せず気丈に勝利チームの検討を称え、相手チームの選手と握手を交わしていましたが、その態度がかえっておやじの胸を苦しくさせました。悔しかったでしょう・・・・。

 明日の準決勝、決勝は熾烈な戦いになる事は間違いありません。結果がどうであれ悟空のミニバス生活の集大成です。ほんのちょっと前に8チームの表彰が行われたばかりなのに、残るはたった4チームです。力いっぱいの試合をして欲しいと思います。

1月15日

男子準決勝
(札幌)恵庭 35-38 朝陽 ( 室蘭)
(札幌)発寒南 35-37 津別(北見)

女子準決勝
(苫小牧)錦岡 33-54 北光 (北見)
(北見)小泉 19-27 宮丘 (札幌 )

男子決勝
(室蘭)朝陽 29-35 津別(北見)

女子決勝
(北見)北光 41-18 宮丘 (札幌)

全国大会に男子:北見津別
女子:北見北光と札幌宮丘が出場します

終わっちゃいました ーうちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記

昨日の全道大会最終日、悟空チームは準決勝で今大会の優勝チームに破れ、念願だった全国大会出場の夢はかないませんでした。昨日は帰宅後も抜け殻状態で、夜にはご苦労さん会があったので、ここの更新ができませんでした。まぁご苦労さん会がなかったとしても昨日は書けなかっただろうなぁ。

 準決勝の対戦相手は北見地区の代表チームでした。このチームは予選リーグ、決勝トーナメントを圧倒的な強さで勝ち上がってきたチームです。チーム全員がクリクリの坊主頭で見るからに気合が入っています。

1Qの立ち上がりはほぼ互角の戦いです。終わり頃に少し離されそうになりましたが、最後に悟空の大外からのブザービーターが決まって喰らいついていきます。
2Qは少し差をつめ3Qでは一時4点のリードを奪ったのですが、その後は一進一退が続きます。まさに息を呑む展開でした。結局4Qをフルに戦って33対33の同点で決着がつかず、試合は延長戦にもつれ込みました。

 3分間の延長戦で最初に得点を決めたのは悟空チームでした。残り2分弱、この時おやじは「守りに入るな、攻め続けろ!」と思いましたが、そんなことは選手たちの方が100倍理解していて、オフェンスもディフェンスも超攻撃的で変わりません。しかしその後、追いつかれ逆転のゴールを決められてしまいます。残り1分を切って、追いつくチャンスは何度かあったのですが、決めきれず1ゴール差のまま、試合終了のブザーを聞くことになってしまいました。

 ここで悟空チームの全国への夢は断たれ、ミニバス公式戦のすべてが終了しました。悟空は試合終了直後、相手チームに挨拶に行くときからユニフォームで涙を拭うしぐさをしていました。他の選手たちも目には涙。控え場所に戻ってからもひとしきり泣いていたみたいです。

 体育館を出ておやじがロビーでボーっとしていると、いろいろな人が声を掛けてくれました。札幌地区の他のチームのお父さん、お母さん、指導者の皆さん。口々に「ナイスゲーム!」「惜しかったネ」と言っていただき、本当にありがたかったです。その後でキャプテンザブのお母さんでもある悟空チームのコーチと握手した時には、おやじも涙が溢れてしまいました。あれは何の涙だったんだろう。泣く必要なんて全然ないのに。だって誰が見たって悟空チームの今年1番のベストゲームを見せてもらったんだから・・・。

 それからたくさんのチームのみんなが悟空チームの応援をしてくれたことも大感激でした。同じCブロックから全道大会に出場したチームは、勝利祈願のコールをしてくれました。カズキチームなんていつもは自分のチームが試合前にやっている太鼓とラッパの応援を悟空チームのためにしてくれました。しかも太鼓をたたいていたのは札幌3位チームのエースの子でした。たくさんの応援、本当にありがとうございました。

 また、ネットで応援して頂いたみなさんも、ありがとうございました。大会中はおやじがいっぱいいっぱいで、頂いたコメントにお返事も書かずにすいませんでした。悟空の頑張りに免じて勘弁してください。

 そして悟空と悟空チームのみんな、これまでたくさんの喜びと感動をありがとう。おやじはこんなに凄くなったきみたちを誇りに思います。

観戦日記(選手権・最終日)ーHATAのひとりごと

終わりましたね。
いつかこのときがくるのは分かっていましたが・・・・やはり寂しいものです。
もうすでに、ほとんどの方がご存知のとおり、錦岡女子は準決勝で敗退しました。相手チームはそのまま決勝でも圧勝し優勝。素晴らしいチームでした。

vs H(北見1位)
出だしはいつもとは違い、マイボールからのスタートでした。
もしかしたら先取点??という淡い期待もむなしく、結局はいつもどおりに先制され、連続得点を許し、ファールも取られました。本当にいつもいつも同じスタートです(笑)
そのうちにエンジンがかかるだろうと我慢の展開。確かにこちらの波が来ました♪・・・・・が、なんだかいつもと違う。波は来るのですが大きな波ではなく、ユラユラと不安定な波で・・・・・1Q終了時点ではダブルスコアーになっていました(汗)
1Q:15 vs 7

ここのところ調子が良い2Qに逆転の望みをかけましたが、相手の2Qは更に強力なメンバーでした(汗)
こちらのやりたいことが全くできず、一方的な展開でした。
2Q:15 vs 2(累計:30 vs 9)

後半になると、こちらも自信のあるベストメンバーですが、連戦の疲れと故障の悪化で思うように動けず・・・・そしてなによりも、相手の選手が一枚も二枚も上手でした。
3Q:15 vs 6(累計:45 vs 15)

ここまで完璧にやられたことが少ない我チームの選手たちは、すっかり意気消沈でしたが、まだ試合が続いている限りは、最後までやりきろうと気持ちを作り直していよいよ最終Q。
相手はメンバーを変えてきたこともあり、一時こちらの押せ押せの展開になりました。
それでも、キッチリとしたプレイと正確なミドルシュートで反撃され、追い上げるところまではいかず・・・・。
4Q:9 vs 18(累計:54 vs 33)

試合終了9秒前にタイムアウトを取りました。
指示を出すためではなく、ここまでがんばってきた選手たちに何か声をかけてあげたいだけでした。私を含めすでに数名涙を流していました。でも『最後は笑顔で終わろう!』ということを全員に伝え、コートもベンチも応援席も一生懸命に笑顔を作ろうとしました。
最後の1秒まで、彼女たちは錦岡らしいプレイで応えてくれました。

試合終了後、しばらくはまともに会話することも出来ませんでした。
涙が後から後から溢れ出し、ようやく止まったかと思っても何かしゃべろうとすると・・・・・(笑)
今でもふとした瞬間にウルウル来ます(照)
そのため、必死に新チームのことで頭の中を一杯にしようとしています。

トモミ・エミ・エリカ・ミカ・ナッツ・ルイ・アイリ!たくさんの感動をありがとう!!
4・5年生のみんな。この偉大な6年生たちを超えるため、全員でがんばろうな!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。