スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年生はなにをするの

2006年01月23日 17:50

今の時期 6年生はなにをするんでしょうか

お題拝借は、
rokyu籠球魂さん と

borelo bopla さんです。

6年!邪魔するな! by 籠球魂さん 

今日は新チームがスタートして2日目、
今迄はランニングや練習の時に先頭に並んでいた6年生は一番最後に並んでます。

れんしゅうの最初のストレッチで、
6年男子が後ろの方で固まってしゃべりながらやってます。
他の子がキチンと整列してストレッチを行ってるので、
ひと目でだれているのが判ります。

「おまえら、ふざけてるなら来るな!練習の邪魔だ!」
思わず怒鳴って一喝したのですがチャンとしてくれるかな?

今まで頑張ってきたので気が抜けているのは判るけど、
最後までキチンとした態度を後輩に示して欲しいです。

ちなみに6年女子はキチンとしてるので、低学年の面倒見たりしてくれてます。

一丸となった時のパワーは男子の方が有るのだけど、
決められた事をキチンとやるのは女子の方がしっかりしてますね。(^_^;)

6年生の仕事って bopla さん

日曜日に新チームの練習試合があり、6年生の子どもたちは応援&TOの手伝いに行きました。
来週からは冬季リーグがはじまります。
5年生がいないため4年生以下の新チームでの公式戦
考えようによっては5~6年生でも試合に出られなかった今までの環境に比べて、4年生でベスメンが構成されるわけですから
やりがいありますよね(*^_^*)

ところで籠球魂さんも書かれておりましたが
引退した6年生って、やっぱりどこかお邪魔な雰囲気があります。
YOU♂たち6年生は人数が多いので、半分ずつに分かれて練習に参加しています。もちろん下級生に教えるのが主な仕事。
ところで1年前のAHIRU♀たちはどうしてたっけ?(もう忘れてしまいました(笑)。)

でもね~、ちょっと前まで自分たちが中心でやっていたわけですから
ついつい下級生の練習を妨害してしまう部分もあるような……。
「おいおい、新チーム作りの協力じゃないんかい?」って思ってしまいます。
これから中学で部活をはじめるまでの間、バスケができる環境を何か与えてあげないと駄目かしら??

*************************

教えてミニバス

全国大会や地方大会に出場するチームは別にすると
6年生の出場する公式戦は終了し、多くが新年度チームに移行しています。
この時期 6年生はどんなことしてるんでしょうか?

新チームのお手伝い!
下級生のじゃま?
中学生に向けての準備?!

コメントやトラックバックお願いします

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

コメントありがとう

muchakaz さん
ウチの場合は

昨日の練習には、1人しか来てませんでした。新チームと同じメニューで練習してました。
以前はこの時期に新入団員を入れていたので、ハンドリングやドリブルのやり方を付きっ切りで教えてもらったのですが、最近は随時入団になってるし、やることないです。

1,2名の6年生を除いて、3年生の方が、練習内容をわかっているくらいの状況なので、休んでもらうのが一番チームのためになるのかもしれないですね。
今年の6年生だけが特別だと思うのですけど。
(以上 2006/01/24(火) kaz さん)


doplodanbo さん
初めまして!

この時期もう6年生は試合の無い所が多いのでしょうか?
大きな大会は終わってしまいましたが、私の住んでいる地域ではココの所毎週試合です。(6年)
今は地域の大会、2月からは市内大会と3月の卒団式まで、びっしりです。
地区によって全然違うんですね。
(以上 2006/01/24 danbo さん)


ばすけ茶の間 4母 さん
お邪魔な6年生(^_^;)

うちの場合、長男は全国出場を果たしたので3月の最後まで練習・練習でしたが、次男ボーは・・・?
中学になるとリングの高さもボールの大きさも違ってくるので、ミニバスに行っても練習にはなりませんね~
そこで、ヤツは地元クラブチームの練習に参加してました。
5号からいきなり7号球です(笑)
でも大人に揉まれて良い経験になったみたいですよ~
(以上 2006/01/24 4母 さん)


yahooきんた さん
初めまして。

ブログ初心者でトラックバックのつけかたが解らないのでコメントにさせて頂きます。

大きな大会は終わりましたが、うちのチームは3月末まで現在のチームで活動します。
それまで練習試合や区大会などもありますし、
下手をすると4月の頭の春休みが終わるまでは現チームで活動します。
もちろん、3月末に卒団式やお別れ会はありますのでメリハリはあります。
毎年こんな感じなので、違和感は無いのですが、場所によって様々ですね。
(以上 2006/01/24(火) きんた さん)


せさみsesami2号さん

6年生は、健在です

うちの、チームの6年生は、卒業するまで、中心にいて、ずっと、練習を、続けます。
引退は、卒業式が、きっかけかなぁ。
(受験をする子は、自主的に休部って事は、過去、ありましたが)
(以上 2006/01/27(金) sesami2号 さん)



##########################

トラックバックありがとう

goku悟空のおやじ さん
6号球

全道大会が終わった時に悟空がとっても頑張ってくれたので、感動の勢いもあって「何でも好きなものを買ってやる!」ってつい口走ってしまったのです。それで悟空が欲しいと言ったのが6号球でした。そうです。中バスで使用されているボールのサイズです。悟空は中学に行ってもバスケを続けてくれるみたいです。

 中学に入ると学校でボールを用意してくれるので、マイボールを使う事は無いと聞いてはいたのですが、少しでも早く慣れておいた方がいいかな、と思って買ってあげることにしました。それで先週の土曜日にスポーツショップに行って6号球を買ってきました。全日本の女子の試合やスーパーリーグで見た黄色いラインの入ったカッコいいやつです。

 6年最後の交歓大会も終わって、今週からはジュニア中心の練習に変わり、6年は自由参加となりました。交歓大会が終わった後で悟空は監督に6号球を持ってきて練習していいか聞いてみたそうです。監督も6号球での練習を認めてくれたみたいで、悟空は月曜日から6号球で練習を始めました。

 練習メニューはジュニアが中心で、基礎練習からの再スタートのようですが、2月の始めにはすぐに新人戦もありますので、試合も少しは意識しているみたいです。そこで6年が練習相手になっているようです。

おやじ 「6号球、どうだった?」
ごくう 「でかくて、重たいね」
おやじ 「ジュニアの練習手伝ったの?5対5もやるの?」
ごくう 「やるよ、6年男子3女子2でも1点も取れないんだよ」
おやじ 「ジュニアに合わせてあげてるの?」
ごくう 「仮想ライバルチームやってるんだけど・・」
おやじ 「けど?」
ごくう 「仮想チームはパワーバスケだから、おれできないんだよね」
おやじ 「パワーないもんね」
ごくう 「・・・・」

 悟空は中学の準備をしながらも、ジュニアの練習相手にもなっているようです。きっと悟空たち6年は自由参加になってもほとんどのメンバーが練習に参加すると思います。

 ふざけてジュニアをからかうようじゃ、本当のジュニアの練習にならないんだからね。今日も言うけど、何が1番役に立てるのか、考えて練習に参加してね、悟空。
スポンサーサイト

バカ親・親ばかー教えてミニバス

2006年01月19日 16:17

お題拝借は、
バカ親の告白 byぴーちゃん ぴーちゃん
からです。

「子供がバスケしてるのを観るのは当番の時くらい。
試合なんてほとんど観たことないわー。」
と言う保護者の方々。
子供が試合から帰ってきたときになんて声をかけていますか?

時々聞く会話。
「今日の試合、勝った?何点差?」
「あんた、シュート何本入れたの?」
・・・これ、あまり意味のないことだと思います。
出来れば聞かないほうがいいでしょう。

実は私も、3年前までこんなカンジでした。
もともとスポーツに興味のなかった私は、
次男の付き添いはバスケをしていた主人に任せていました。
帰ってきたら、まあ上記のようなことを聞いていたわけです。

5年生から、来年度の役員の仕事を覚えるために
試合についていき始めました。
そこで初めてバスケが、
「シュート入れてなんぼ」のスポーツではないことを知ったのです。

例え10点差の試合でも、
接戦を制して10点差をつけたのか、
追い上げられて10点差で逃げ切ったのか、
大勝できるはずのチームに10点差しかつけられなかったのか、
強いチームに10点も差をつけて勝てたのか、
それは試合の展開を見ないとわかりません。

例えシュートが1本も入らなくても、
リバウンドをいっぱい取ったり、
パスカットがいっぱい出来たり、
ここぞと言うときにすごいアシストが出来たりすれば、
それはシュート1本よりずっと価値があるでしょう。

これはずっと観ていないとわかりません。
私もすっごい反省しました。

それからは私もずっとついて行っていたので、
そんなこと聞くことはなくなりました。
次男もシュート数にこだわらなくなりました。
すると、自然に周りが見えるようになってきたようです。
「ガード」というポジションの仕事が出来るようになってきました。

今でも試合は出来る限り観に行くようにしています。
観にいけなかった時は、「どうだった?」と聞くと、
次男も長女も「今日ナイスリバウンドがあったんよー!」とか、
「かっこえーパスカットがあったのにー!」
「あの時のアシストは「さすがオレ!」じゃったな!」なんて、
状況を説明してくれます。

ホント、昔は「バカ親」でした。恥ずかしい。
現在も「バカ親」続行中の保護者の方に教えてあげたいですが、
残念ながら、そういう方は「●ミニバスあれこれ 」なんて
見ていないでしょうね。

****************************

教えてミニバス

こんなミニバス「バカ親体験」やミニバス「親ばか体験」を
教えてください。

こんなバカ親はいやだぁとか

こんな親ばかですよぉとか

コメントやトラックバックをお願いします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

コメントありがとう

ばすけ茶の間4母さん

こんばんわ!!
もしかして2度目のTBしていただきましたよね?
すみません、こちらもTBさせていただきました。

初めまして、富山県の4母と申します。
ミニバスを卒業して早6年?
未だにミニバスを見に、体育館を徘徊することがタマにあります。
昔もバカ親いました(笑)
自分の子供が試合に出てないと見に来ない親とか。
今でも色々いるんでしょうねぇ~(笑)
(以上2006/01/19(木) 21:59 4母 さん)


goku悟空のおやじさん

おやじもバカ親でした
おやじが始めて悟空のミニバスを観戦しに行ったのは、悟空が4年生の時でした。
その時おやじはサッカー観戦が好きでJリーグの試合をスタジアムによく見に行っていました。
それでおやじはミニバスの試合を見てプロサッカーの感覚で、#4はどうだとか、#7はもう少し・・とか、偉そうに批評を始めてしまったのです。その子のおとうさん、おかあさんがすぐ近くにいるのも知らずに・・。
おやじはうちのおかあさんに話していたつもりですが、周りにもきっと聞こえていたでしょうね。
よその子のプレーをどうこう言うなんて最低ですよね、最低のバカ親でした。
帰ってきてから、おかあさんにこっぴどく叱られました。それからは選手たちの良いプレーだけを見ることにしています。
(以上 2006/01/21(土) 悟空のおやじさん)


れおんれおんさん

TBありがとうございました
去年の9月からバスケを始めた
ばかりの5年生の息子を持つ母です。
バカ親話。笑
面白すぎて笑いが止りませんでした。
「あるある~」と思いながら。。
バカ親と言えばまだルールも
知らない頃
『トラベリング』がつい
『Travel』と重なってしまって
大きな声で
「あれ!トラベラーだよ!」
と叫んで顰蹙を浴びた事があります
ルールの言葉も中々覚えられなく
今でもわからない事ばかり。笑
(以上 2006/01/21(土) れおん さん)


せさみsesami2号さん

おやばかと言われます

子供に、ミニバスを、一生懸命にやってほしいばかりに、せっせと、見学に行き、子供に、声援を送り、遠くまで、プロの試合を見に、連れて行く私に、主人が、言います。
”おやばか”って。

返す言葉が、みつかりませーーん!!(笑)
(以上 2006/01/27(金) sesami2号 さん)


ばすけ茶の間4母さん

あら、一緒♪

>sesami2号様
自分の子供の試合じゃなくたって見に行きますよね~やっぱ。
うちも息子連れてよくいろんな所へ見に行ってましたよ~~
それって普通だと思ってます(^_^;)
決して親ばかのレベルではないかと・・・
(以上2006/01/27(金) 4母 さん)


トラックバックありがとう

 れおんレオンのちちさん
俺は親バカだ

ちょっと前の”教えてミニバス”のお題にありました。
『バカ親・親ばか』

おやじは週一度の仕事の休みの日はミニバスの練習見学に行きます。
仕事の日に試合があると仕事を極力休む。
休めない時は可能な限り試合終了後に職場へ向かうようにしています。

練習や試合を『見に来る』『来ない』だけでいっしょくたんに『親バカ』は計れないと思いますが、『子供の生き生きした姿を見たい』という意欲が『ある』か『ない』かでは計れるんでないかな~と思ってます。
と言う事でおやじが『バカ親か』か『バカ親じゃない』と言えば間違いなく『バカ親』の部類だと思います

それは1年前の新人戦(ミニバス始めて3ヶ月)に始まった
今でも目をつぶれば娘の初ゴールシーンが蘇る
左45度・・・ん?なんで右じゃなく左にいたんだ?
まぁいいか
左45度スリーポイントラインからちょっとゴール側に立つ娘。
ハイポストあたりからパスが14番のユニフォームを着た娘に入る、キャッチ(さぁどうする?)
「あっ打った!」(おいおい、いきなりかよ)
ボールは弧を描きゴールに吸い込まれた
「入った~!」(マグレだろうけど)
笑顔の娘に駆け寄るチームメイト。
その姿に感動を覚え涙ぐむバカおやじ

こんな事を平気で書ける奴を『親バカ』と言うんでしょう

おやじが若い頃(いったい何歳頃の話?)
「あそこん家は『親ばか』だね~」
とかちょっと見下げた言い方をしていましたが、子供が生まれたある日その考えはとても恥ずかしいと気がつきました
今のおやじにとって『親ばか』は最高の誉め言葉です。
だって他人からそう見えるだけ家族や子供を大事にしてるって事ですよね。
子供一年と親の一年はスピードが違うと思うんですよ
親は「あ~今年はキャンプ行けなかった、来年こそは」「今年は売り上げ目標が達成出来ずに・・・来年は・・・」
とか平気で来年を語りますが
子供の一年後は『受験だったり』『もう親とは出かけるのは恥ずかしい』とか、『去年の服が着れなくなってたり』『声変わりをしていたり』あっと言う間に大きくなって状況が変わっていたりする。
大人の40歳も45歳もあまり変わらないが子供の10歳と15歳じゃ同じ5年でもちょっとね、違うと思いませんか?
今この瞬間子供の成長を見ておかなくては5年後10年後自分の子供が生き生きしていた姿を知らないなんてもったいないじゃないですか
中学・高校の部活に練習までは行けないんだし小学生のうちは親も楽しまないと損ですよね。

今、自信を持って言います
「俺は親バカだ」



特集:全道大会

2006年01月13日 07:19

全道大会を特集します。

oyaji
ミニバスおやじ連盟・おかん連盟


【大会】第31回北海道ミニバスケットボール選手権大会
【日時】2006年1月12日~15日
【場所】北海道恵庭市、千歳市、江別市
【内容】北海道最大の大会です。
    全国大会の北海道予選も兼ねており、
    全道各地の代表、男女48チームで争われます。

1月11日

いよいよ全道大会ー幌西ミニバス日記

いよいよ全道大会
あっという間に全道大会前日になってしまいました。
全市大会が終わったあとは、あと2ヶ月6年生とバスケができる!
と言っていたのに、もう明日開幕です。

でも、この2ヶ月でみるみる成長しました。
2ヶ月前は、全道大会に出れた!!というチームでしたが、
今は十分そこで戦えるだけの力をつけました。

予選リーグでは、夏全道で上位リーグにいた古豪南美唄さんと、
優勝候補の北見北光さんです。

今の幌西は十分に戦えると思っています。
けが人も無し、病人も無し。
あとは、集中力です。

悔いの残らぬよう、がんばろう!

全員集合♪ーHATAのひとりごと

ようやく・・・・そして、久しぶりにそろいました♪
11月の大会以来ですね。1ヵ月半ぶり?長かったですね~(笑)

やはり全員がそろうと違いますね!何が違うって?
まずは、活気が違う。プレイのつながり方や迫力が違う。そして、みんなの笑顔が違う。
要するに、全てが違いますね。

整形外科・整骨院・整体・針治療・内科と、さまざまな病院にかかりながらなので、完全体ではありませんが、とりあえずは全員がそろって最後の練習が出来たのは最高にうれしいです♪

明日の開会式で、いよいよ全道大会が始まります。
一日でも長く、ひとつでも多く試合をしたい。
そして、なによりも“思いっきり楽しむ”ことが目標です!

1月12日

開会式&優勝!! ー幌西ミニバス日記

今日は長い1日でした。

午前中学校で最後の練習を終えたあと、
全道大会の開会式の行われる江別市民体育館へ向かいました。
我が校は、中央区の真ん中にあります。
ということで、高速道路からも遠く、
この天気のおかげで、2時間弱かけて体育館に入りました。
(ちなみに、帰りは2時間強・・・)

体育館には、
夏に見た地方のチーム、
初めて見るチーム、
毎年全道大会に来ているチーム、
いつもの見慣れた札幌のチーム、
どのチームもいい顔して来ていました。

開会式は、とーこCAPがプラカードを持ち、
堂々と入場しました。
登録外の3・4年生と一緒に見守っていました。
この子たちもいずれは、あの場所へ!!

その後フリースロー大会が。
夏は、19本中最下位の3本・・・。
4本は決めよう!と挑んだところ、
何と10本も決まった!!
そして、何と12チーム中1位!!
おぉっ!!

優勝の副賞として、全員Tシャツをゲットしました。
こいつは縁起がいい!!

明日からは、いよいよ本戦。
勢いに乗っていきましょう!!

全道大会ネット中継!? ーうちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記

今日から全道大会がいよいよ始まります。今日12日は開会式とアトラクションだけなので、おやじはおかあさんが撮ってくるビデオで我慢することにして、おとなしく会社に来ています。明日は有給を取って参戦の予定です。

 今大会の決勝戦をテレビ中継してくれる北海道の地方局、フジテレビ系列のUHB北海道文化放送のホームページに大会のページができています。

http://uhb.jp/event/official/minibas2006/minibas2006.html

メニューに「大会映像」とありますので、試合の様子をネット中継してくれるのかもしれません。そういえば、去年の全道大会のときに試合会場をネットワークで繋いで他会場の試合の様子が大型モニターに映っていました。今考えるとネット中継もしていたのかもしれません。

 ってことは、悟空の素顔がネット上に流れるかも。乞うご期待です。

1月13日

全道大会 1日目 ーうちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記

今日は全道大会の試合の1日目です。昨日の開会式のアトラクションはフリースロー大会だったのですが、おやじは行かなかったので、お母さんが撮ってきたビデオでその様子を見ました。結果は1位になる事はできませんでした。1位チームは旭川地区の代表チームで。選手15名スタッフ4名の19投で14本成功という驚異的な成績で第1位に輝いたようです。ちなみに悟空チームは9本成功でした。

 今日の試合は前にも書きましたが、3チームづつの予選リーグで1位チームだけが決勝トーナメントに出場できることになっています。だから2勝すれば文句なしの決勝トーナメント進出が決まります。

 第1試合は釧路地区2位のチームとの対戦でした。これまでの大会と同様にスローな立ち上がりではありましたが、全市大会の時のような焦りは感じられず、11点差で無難に勝利する事ができました。

 第2試合は苫小牧地区1位チームとの対戦でいた。相手チームのコーチの方は選手たちを褒めてのせるタイプの指導者のようで、怒鳴りまくる指導者のチームとは違って、おやじは気持ちよく試合を見ることができました。同じチームの女子チームでしょうか、試合の間中応援の声が途切れる事はありませんでした。悟空はその応援の歌をしっかり覚えて帰ってきたくらいです。この試合は12点差の勝利でした。

 これで予選リーグの1位が決まり明日からの決勝トーナメントに出場する事が出来ることになりました。明日は恵庭会場で決勝トーナメントの1回戦になります。対戦相手はまだ決まっていなくって、明日の第2試合で決定します。明日も勝ち残って欲しいところです。

 今日は落ち着いていたたね、監督も悟空は強くなったって褒めてたよ。全国大会出場まであと3つだよ、明日も頑張れ!悟空。

まず1勝!! ー幌西ミニバス日記

いよいよ開幕!全道大会。

我がチームも予選リーグに登場しました。

vs南美唄(南空知1位)
前年度予選リーグを突破し、
今夏もいい結果を残した地区の1位です。
結果は

○49-29 で勝利!!

最後なので結果重視でOK。
冬の選手権初勝利で幌西の歴史に一歩を記しました。
いい形も見られ、明日につなげましょう。

明日は、強豪北見北光。
勝ったら、強豪美しが丘。

でも、何が起こるかわかりません。
(宮丘全国か?)

うちは、明日が天王山。
がんばろう!!

観戦日記(選手権北海道大会) ーHATAのひとりごと

今日から予選が始まりました。
前年度優勝地区代表のため、我チームはいきなり2試合でした。
2勝出来れば予選突破ですが・・・・・。

1試合目は函館地区代表のAさんでしたが、その前に・・・・・
今朝は旅行会社をつうじてバスを予約し、5時半に学校を出発しました。多少時間的に余裕を持っての行動でしたが、結果的にこれが幸いしました。
・・・・というのも、なんと江別会場に向かう途中にバスが動かなくなってしまったんです(汗)
雪や渋滞のせいではなくて、単なる故障でした。仕方が無くタクシーに分乗して江別会場に乗り込みましたが、早起きの疲れとこのトラブルのおかげで、会場に着いたときには心身ともにクタクタでした。
アップの最中も元気が無く、朝一の試合はただでさえ調子が上がらないので、非常に嫌な予感はしていました。
出だしから予想通り思うような展開に持っていけず、ハーフタイムではかろうじて1ゴールのリード。3Qでそのわずかなリードもなくなりましたが、試合終了2分前くらいからようやくエンジンがかかりだし、なんとか勝利することが出来ました。
42対35

2試合目は全国経験もある札幌地区代表のKさん。
私用のため1試合目には来れなかったレギュラーも、試合開始前ギリギリに間に合い全員そろって対戦することが出来ました。とはいえ、ほとんどアップしていない状況でしたが・・・・案の定この試合も1Qは負けましたが2Qで逆転。3Qはいまいち調子に乗れませんでしたが、4Qの中盤から調子が出始め・・・・・気持ちよく終われました。
45対24

どちらも厳しい試合だったため、故障者のケガが悪化してしまい、帰苫後すぐに病院に向かった選手も数名いるようです(苦笑)
明日は何人そろっているかな???

1月14日

男子準々決勝
(札幌)美しが丘28-34 恵庭 (札幌)
(室蘭)朝陽53-29 あさひBW (函館)
(小樽)望洋台26-62 発寒南 (札幌)
(札幌)ひばりが丘28-52 津別 (北見)

女子準々決勝
(苫小牧)錦岡 67-35 東ウィンズ(帯広)
(北見)北光48-41 美しが丘 (札幌)
(北見)小泉48-44 平取振内 (苫小牧)
(札幌)宮丘24-22 向陵M(旭川)

最高の試合 ー幌西ミニバス日記

今日、幌西ミニバスの冬の全道大会が終わりました。

vs北見北光(北見1位)

●30-47

2Qでの15点差が最後まで響きました。
あとのQは全道1のチームと互角、いや互角以上でした。
最高の試合でした。
最後の4Qなんかは、感慨深くなるほど素晴らしいチームになっていました。
2Qがこうなってしまったのは、
全て監督の責任です。
まだまだ監督は未熟だということです。

悔しくてたまりませんが、
とりあえずこれで一区切りです。

試合後、6年生は泣いていました。
そういえば試合後に負けて泣いたのは、
去年の12月中央区新人戦で7チーム中4位になったとき以来だなと思いました。
そのとき、大見栄をはって、
『このチームは絶対に成長する。信じて練習がんばっていこう!』
と言ったのを思い出しました。

そして1年後に、全道チャンプ?を相手に善戦、
たぶん全国出場の手稲宮丘(行けよ!!)には、・・・。

すごい6年生と出会うことができて幸せでした。
あともう少し自分に指導力があれば、
もう少し運があれば、
もう少し・・・、と思うと・・・。

でも、とーこは2年半、えりこ・ありはるは1年、かなは半年強しか、
まだバスケの経験はありません。
まだ彼女たちのバスケ人生は始まったばかり。
この経験を胸に中学に行ってがんばってもらいたいものです。

そして、私も5年生以下も6年生のように、
成長してまた新たなスタートをきりましょう!

応援してくださった皆さんありがとうございました。
これからもまたよろしくです。

観戦日記(選手権・準々決勝) ーHATAのひとりごと

なんとかここまで来ました。
運も味方してくれた部分も多いですが、ようやく選手たちの力が発揮できるようになって来ました。3試合めにもなると、ある程度慣れてきたようです。

今日の決勝トーナメント1試合目(準々決勝)の相手は、帯広1位のH・Wでした。
1勝1敗の三つ巴でゴールアベレージによって予選を突破してきた勢いのあるチームでした。
秋に帯広市に遠征に行ったときに一度対戦していますが、お互いに成長していますので手探り状態でした(汗)

出だしはいつもどおり先取点を許し、連続得点も許し、ファールも続きました(苦笑)
「また後半勝負かな?」と思っていたら、開始2分後くらいからこちらのペースに・・・・・。得意の展開になり選手たちも生き生きとプレイを始めました。
1Q:17 vs 6

2Qも続くかと思われた勢いでしたが、途中で点差が離れて気が抜けたのかチョンボを連発(泣)
CAPがいらいらし始め雰囲気が悪くなってしまいました(笑)
2Q:13 vs 8(累計:30 vs 14)

気持ちを作り直して後半に臨みましたが、いちど悪くなってしまった雰囲気は回復するまで行かず・・・・。
3Q:18 vs 12(累計:48 vs 26)

最後は良い形で終われるように・・・と気を使いながら、故障者の様子を見ながらの展開。
4Q:19 vs 9(累計:67 vs 35)

点差的には離れましたが、4ファールのベストメンバー数人、新しい故障者も出てきて、苦しい展開でした。

明日の最終日。
ほとんどの選手が、体のどこか(複数の選手も)に爆弾を抱えながら満身創痍の状態ですが、残っている気力を振り絞ってがんばってきます!

決勝トーナメント当日 ーうちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記

今日は決勝トーナメント1回戦です。おやじは例によって早く目が覚めてしまいました。おやじがバタバタしても始まらないと解ってはいるのですが、どうしてもこうなっちゃいます。

 今日の札幌は曇っていて今にも雪が降り出しそうですが、今は降っていません。天気予報ではこれから晴れて気温も上がりそうなので、恵庭までの高速道路もきっと大丈夫でしょう。

 昨日の予選リーグでは波乱がありました。女子の札幌1位チームが1敗してしまったのです。このチームとは去年からず~っと一緒に練習したりしていて、一緒に全国を目指していただけに残念です。でもまだ可能性が消えたわけではないので、気持ちを切らさずにいて欲しいと思います。

 大きな大会になると本当に何が起こるかわかりません。悟空たちも気負わず、慌てず、焦らずに自分たちの持っている力を100%発揮できるといいと思います。おやじはすでに気負って、慌てていますが悟空たちの前では冷静を装って、できる限りの応援をしてこようと思っています。それでは行って来ます!

あと2つ! ーうちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記

やりました!決勝トーナメントの1回戦を無事勝ち抜いて、準決勝進出を決めました。ベストフォーです。決勝トーナメント開始前に予選ブロック1位チームの表彰式が行われました。決勝トーナメント進出を決めた8チームのキャプテンが集まって、小さなトロフィーをもらいました。

 悟空チームの決勝トーナメント1回戦の相手は小樽地区の代表チームでしたが、悟空の1Qが終わった時点で20:2とすばらしいスタートダッシュを決める事ができました。その後も少しずつリードをひろげ、4Qの残り3分には全員が控えメンバーと交代して、チーム全員出場を果たすことができました。まさか全道大会の決勝トーナメントで全員出場ができるとは思ってもみませんでしたので、4、5年メンバーにはいい経験になったと思います。

 決勝トーナメントの第1試合では大波乱がありました。カズキチームが同じ札幌地区、5位のチームに負けてしまったのです。悟空チームにはおやじはもちろん、選手、お母さんたちにはかなりの衝撃があったみたいです。試合終了直後、カズキは涙も見せず気丈に勝利チームの検討を称え、相手チームの選手と握手を交わしていましたが、その態度がかえっておやじの胸を苦しくさせました。悔しかったでしょう・・・・。

 明日の準決勝、決勝は熾烈な戦いになる事は間違いありません。結果がどうであれ悟空のミニバス生活の集大成です。ほんのちょっと前に8チームの表彰が行われたばかりなのに、残るはたった4チームです。力いっぱいの試合をして欲しいと思います。

1月15日

男子準決勝
(札幌)恵庭 35-38 朝陽 ( 室蘭)
(札幌)発寒南 35-37 津別(北見)

女子準決勝
(苫小牧)錦岡 33-54 北光 (北見)
(北見)小泉 19-27 宮丘 (札幌 )

男子決勝
(室蘭)朝陽 29-35 津別(北見)

女子決勝
(北見)北光 41-18 宮丘 (札幌)

全国大会に男子:北見津別
女子:北見北光と札幌宮丘が出場します

終わっちゃいました ーうちの悟空はポイントガード ~ミニバス奮戦記

昨日の全道大会最終日、悟空チームは準決勝で今大会の優勝チームに破れ、念願だった全国大会出場の夢はかないませんでした。昨日は帰宅後も抜け殻状態で、夜にはご苦労さん会があったので、ここの更新ができませんでした。まぁご苦労さん会がなかったとしても昨日は書けなかっただろうなぁ。

 準決勝の対戦相手は北見地区の代表チームでした。このチームは予選リーグ、決勝トーナメントを圧倒的な強さで勝ち上がってきたチームです。チーム全員がクリクリの坊主頭で見るからに気合が入っています。

1Qの立ち上がりはほぼ互角の戦いです。終わり頃に少し離されそうになりましたが、最後に悟空の大外からのブザービーターが決まって喰らいついていきます。
2Qは少し差をつめ3Qでは一時4点のリードを奪ったのですが、その後は一進一退が続きます。まさに息を呑む展開でした。結局4Qをフルに戦って33対33の同点で決着がつかず、試合は延長戦にもつれ込みました。

 3分間の延長戦で最初に得点を決めたのは悟空チームでした。残り2分弱、この時おやじは「守りに入るな、攻め続けろ!」と思いましたが、そんなことは選手たちの方が100倍理解していて、オフェンスもディフェンスも超攻撃的で変わりません。しかしその後、追いつかれ逆転のゴールを決められてしまいます。残り1分を切って、追いつくチャンスは何度かあったのですが、決めきれず1ゴール差のまま、試合終了のブザーを聞くことになってしまいました。

 ここで悟空チームの全国への夢は断たれ、ミニバス公式戦のすべてが終了しました。悟空は試合終了直後、相手チームに挨拶に行くときからユニフォームで涙を拭うしぐさをしていました。他の選手たちも目には涙。控え場所に戻ってからもひとしきり泣いていたみたいです。

 体育館を出ておやじがロビーでボーっとしていると、いろいろな人が声を掛けてくれました。札幌地区の他のチームのお父さん、お母さん、指導者の皆さん。口々に「ナイスゲーム!」「惜しかったネ」と言っていただき、本当にありがたかったです。その後でキャプテンザブのお母さんでもある悟空チームのコーチと握手した時には、おやじも涙が溢れてしまいました。あれは何の涙だったんだろう。泣く必要なんて全然ないのに。だって誰が見たって悟空チームの今年1番のベストゲームを見せてもらったんだから・・・。

 それからたくさんのチームのみんなが悟空チームの応援をしてくれたことも大感激でした。同じCブロックから全道大会に出場したチームは、勝利祈願のコールをしてくれました。カズキチームなんていつもは自分のチームが試合前にやっている太鼓とラッパの応援を悟空チームのためにしてくれました。しかも太鼓をたたいていたのは札幌3位チームのエースの子でした。たくさんの応援、本当にありがとうございました。

 また、ネットで応援して頂いたみなさんも、ありがとうございました。大会中はおやじがいっぱいいっぱいで、頂いたコメントにお返事も書かずにすいませんでした。悟空の頑張りに免じて勘弁してください。

 そして悟空と悟空チームのみんな、これまでたくさんの喜びと感動をありがとう。おやじはこんなに凄くなったきみたちを誇りに思います。

観戦日記(選手権・最終日)ーHATAのひとりごと

終わりましたね。
いつかこのときがくるのは分かっていましたが・・・・やはり寂しいものです。
もうすでに、ほとんどの方がご存知のとおり、錦岡女子は準決勝で敗退しました。相手チームはそのまま決勝でも圧勝し優勝。素晴らしいチームでした。

vs H(北見1位)
出だしはいつもとは違い、マイボールからのスタートでした。
もしかしたら先取点??という淡い期待もむなしく、結局はいつもどおりに先制され、連続得点を許し、ファールも取られました。本当にいつもいつも同じスタートです(笑)
そのうちにエンジンがかかるだろうと我慢の展開。確かにこちらの波が来ました♪・・・・・が、なんだかいつもと違う。波は来るのですが大きな波ではなく、ユラユラと不安定な波で・・・・・1Q終了時点ではダブルスコアーになっていました(汗)
1Q:15 vs 7

ここのところ調子が良い2Qに逆転の望みをかけましたが、相手の2Qは更に強力なメンバーでした(汗)
こちらのやりたいことが全くできず、一方的な展開でした。
2Q:15 vs 2(累計:30 vs 9)

後半になると、こちらも自信のあるベストメンバーですが、連戦の疲れと故障の悪化で思うように動けず・・・・そしてなによりも、相手の選手が一枚も二枚も上手でした。
3Q:15 vs 6(累計:45 vs 15)

ここまで完璧にやられたことが少ない我チームの選手たちは、すっかり意気消沈でしたが、まだ試合が続いている限りは、最後までやりきろうと気持ちを作り直していよいよ最終Q。
相手はメンバーを変えてきたこともあり、一時こちらの押せ押せの展開になりました。
それでも、キッチリとしたプレイと正確なミドルシュートで反撃され、追い上げるところまではいかず・・・・。
4Q:9 vs 18(累計:54 vs 33)

試合終了9秒前にタイムアウトを取りました。
指示を出すためではなく、ここまでがんばってきた選手たちに何か声をかけてあげたいだけでした。私を含めすでに数名涙を流していました。でも『最後は笑顔で終わろう!』ということを全員に伝え、コートもベンチも応援席も一生懸命に笑顔を作ろうとしました。
最後の1秒まで、彼女たちは錦岡らしいプレイで応えてくれました。

試合終了後、しばらくはまともに会話することも出来ませんでした。
涙が後から後から溢れ出し、ようやく止まったかと思っても何かしゃべろうとすると・・・・・(笑)
今でもふとした瞬間にウルウル来ます(照)
そのため、必死に新チームのことで頭の中を一杯にしようとしています。

トモミ・エミ・エリカ・ミカ・ナッツ・ルイ・アイリ!たくさんの感動をありがとう!!
4・5年生のみんな。この偉大な6年生たちを超えるため、全員でがんばろうな!!


遠征しますかー教えてミニバス

2006年01月09日 10:17

お題拝借は、遠征 by mikita美木多ミニバス さんからです。

遠征

3月の終わりか、4月の初めに奈良のチームとの交流試合の話があります。
もちろん奈良と言えば、大好きバスケさんのチームです。

昨年、そこのTOME監督がうちの練習を見に来てくれたことがあり、そこで試合の話が出ました。
まだ細かいことは何も決まっていませんが、是非実現したいと思っています。

大阪と奈良はお隣さんなんですが、堺からでは車で1時間半くらいかかるのだと思います。
それも高速を使ってですから、近場しか運転しないお母さん方ではちょっと厳しいかもしれません。
それに今は部員も増えて、もしみんなが行くとすれば付き添いも含めて40人以上になってしまいます。
そんなに車が出せるのかが心配ですが、だめなら電車もあるしバスを借りるという手もありますしね。

今まで堺のチームとしか試合をやったことがないので、他の地域で試合をするのもいいかなと思います。
やっていることはどこでも同じなのですが、知らない土地に行ってまた新しい発見があるかもしれません。
そういうところでまた誰かが一皮向けて成長してくれるかもしれません。

初めての遠征で大変なことは分かっています。
でも強いチームはどこでも経験していることです。
うちだけができないことはありません。
できないとあきらめるのではなく、どうやったらできるのかをみんなで考えていきましょう。

遠征の話の続き

昨日の日記にも書きましたが、奈良への遠征の話が動き始めました。
私は、うちが奈良へ行こうと思っているのですが、TOME監督のほうからうちの都合がつかなければ、こちらに来てくれるとのありがたい話がありました。
なんとかうちの保護者の理解を得て行きたいと思うのですが、最悪の場合でも来ていただいて試合は出来ることになりそうです。

でも確かハニービーはできて3年のチームだったと思います。
そこにできることが、どうしてうちにできないのでしょうか?
まだできないとは決まった訳ではありませんが、今までのうちの体質からは難しいような気がします。
子供たちも保護者ももっと外に出ていかないといけないと思うのですが、どう考えているのでしょうか?

***********************

教えてミニバス

1 遠征
 (所属する都道府県外ないしブロック地区外へ出かけて行って
カップ戦参加や練習試合をすること、宿泊を伴う否かを問わない)
  に行きますか?

2 保護者は同伴ですか それとも役員同伴ですか

3 移動手段はなにですか
  自前のマイクロバス、貸切バス、保護者のマイカー、電車

4 年間どのくらい行きますか

5 “弱いチームは遠征できない”という法則はあると思いますか?
  弱いと保護者の協力が得にくい?
  弱いのに遠くに行くのはおかしい?
  弱いとだれも試合してくれない?

コメントやトラックバックお願いします

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

コメントありがとう

遠征について。 by ぴーちゃんぴーちゃんさん
1 遠征
 (所属する都道府県外ないしブロック地区外へ出かけて行って
カップ戦参加や練習試合をすること、宿泊を伴う否かを問わない)
  に行きますか?

・・・行きません。(行けませんか(^_^;))
   うちはブロックの端っこなので、ブロック外の隣町に練習試合に   行くことはあります。

2 保護者は同伴ですか それとも役員同伴ですか

・・・行くとすれば、保護者有志同伴でしょう。
   まあいつも行く人は決まっていますが・・・。

3 移動手段はなにですか
  自前のマイクロバス、貸切バス、保護者のマイカー、電車

・・・保護者のマイカーか、遠ければ貸切バスになるでしょうね。

5 “弱いチームは遠征できない”という法則はあると思いますか?
  弱いと保護者の協力が得にくい?

・・・弱いから保護者の協力が得にくいというのは違うかな?
   どちらかといえば、協力が得られないから弱いのかな?
   弱いから協力が得られない→協力がないから弱いまま→弱いから  協力が得られない→・・・続く。
   恐怖の悪循環ですね!!
   
  弱いのに遠くに行くのはおかしい?
  ・・・個人としては、そんなことぜんぜんないと思います。

  弱いとだれも試合してくれない?
  ・・・うーん・・。
   試合相手として名前が挙がらないので、相手から誘われることは   確かにないかも。
   自分のところが弱いと、申し込むのにも勇気がいるし。
   これも悪循環か?
   
私はあまり遠くへ遠征に行ったことがないので
連れて行ってやりたいと思うだけかもしれませんが、
経験者の方や、遠征反対の方の意見もぜひ聞きたいです。
2006/01/09(月) 11:33 以上ぴーちゃんさん


Re:遠征について by こころこころさん

1 遠征
 (所属する都道府県外ないしブロック地区外へ出かけて行って
カップ戦参加や練習試合をすること、宿泊を伴う否かを問わない)
  に行きますか?
娘が4年で入部して、毎年遠征にゆく機会に恵まれたので行きました。子供たちが毎年楽しみにしていています。

2 保護者は同伴ですか それとも役員同伴ですか
いける人が行くという感じです。
でもなかなかフルで同伴できるという親は少ないです。

3 移動手段はなにですか   
コーチ、保護者のマイカー

4 年間どのくらい行きますか
1回か2回程度ですがその年によって違います。

5 “弱いチームは遠征できない”という法則はあると思いますか?
  
>弱いと保護者の協力が得にくい?
親の価値観次第でしょう。弱くても経験をさせてあげたいという気持があるかないか、かな?
  
>弱いのに遠くに行くのはおかしい?
新しい世界に踏み込むことはとても大事だと思います。

>弱いとだれも試合してくれない?
そんなことはないでしょう。でももし弱いからと嫌な顔するようなチームがいたらこっちからお断りしましょう^^

2006/01/09(月) 23:08 以上 kokoroさん


遠征あります by みかんみかんさん

久々に投稿したのにトラックバックありがとうございます。
1 遠征
→あります。県外も 

2 保護者は同伴ですか それとも役員同伴ですか
→保護者同伴です。

3 移動手段はなにですか
→マイカーもしくは格安で借りられるバスをみつけて・・

4 年間どのくらい行きますか
→長女が所属しているここ2年間の中では、昨年は3回か4回(記憶がさだかではありません?)宿泊を伴う遠征がありました。今年は合宿もかねて、2回程度。

5 “弱いチームは遠征できない”という法則はあると思いますか?
  弱いと保護者の協力が得にくい?
→弱いとお誘いが少ないのでは?保護者の協力が得にくい、ということはないように思います。小学生のチームは学年の人数によっても強さや弱さが違うように感じます。
  弱いのに遠くに行くのはおかしい?
→そんなことはないと思います。
  弱いとだれも試合してくれない?
→お誘いが少ないのでは?
2006/01/14(土) 00:13 みかん さん

トラックバックありがとう

mucha無茶さん
遠征

新ミニバスあるはるさんの今回のテーマについて我がチームのことをダラダラと書かせてもらいますね。

今年度 初めて遠征しました。

 まず、同じ札幌地区ですが市外のチームに3回ほど練習試合に行きました。

今年は保護者を2班に分けて引率当番を決めています。
当番を中心に有志が車を出し、一般道を1時間弱掛けて行きました。
同じ地区内なので 地区の交歓大会などで、顔を合わせる可能性もあるので それほど抵抗はないと思いました。
 が、回が重なるとわざわざ負けるために遠くまで行くのか・・・と言う人が出てきました。
何チームも集まるので長時間かかり、日曜日の丸1日拘束されると、次の日の学校に障りが出るという意見もありました。
(日曜に公式戦があっても1試合して、TOしたら帰れますからね)

 秋の大会の前には 1泊で道央のA地区へ!
3チームと試合させてもらえました。
別のチームとの合同遠征で、貸切バスを使いました。
問題になったのは、付き添いの保護者のこと。
4年生以上は原則全員参加。3年生以下は保護者同伴できる希望者。
ということだったのですが、3年(7名)の保護者で同行できる人は2人だけ。
4年生以上の親は2人。
指導者が2人。
参加が少ないとバスの座席が余り、人数割りの金額が高くなることになります。
急遽 親が行けない3年生も 参加させることになりました。
6年6名、5年5名、4年3名、3年6名 が 参加。
それに対し、常時同行していた大人は、前述の6人。
日帰り応援の保護者が思ったより多かったこと、夜から2人が宿泊同行してくれたおかげで、怪我人もなく、無事故で帰ってこれました。

全敗覚悟でしたが、1勝2敗。
秋の大会に向けて、いろいろ勉強させてもらいました。
話題の旭山動物園も見学でき、ラーメン村にも行って 子どもも大人も十分満足できました。

余談ですが、帰って来てから驚いたことが。
boplaさんの起こすわよ♪を読んだらその練習試合会場で息子さんチームも試合していたそうです。(勝手に文中に出してしまいました。ごめんなさい。)
読んだ時には、パソコンの前で思わず え”~~っと叫んじゃいました。
りっぱな体育館で、男子チームも試合してましたが、私たちは会場を勘違いして遅刻してしまい、迷惑かけてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。

以上が 私の遠征体験です。

遠征で試合できたのは、一緒に行ったチームが強かったから。
今度の全道大会出場チームとも試合でき、そのチームがこちらに遠征した時は会場校としてお手伝いさせていただきました。
ウチのチームが単独で遠征するのは、不可能じゃないかと思います。
強いチームのおまけだったと思う。
無理して連れていった3年生は、動物園とラーメンしか記憶ないかも。
(もしかして、全員そうだったりして)

『是非 試合したい』って言われるようなチームになったらいいでしょうね。
2006年01月 09日 (月)14:24 以上無茶さん


せさみsesami2号さん

遠征は、楽しいな

ミニバスあるはるさんに、お答えして、

1 遠征
 (所属する都道府県外ないしブロック地区外へ出かけて行って
カップ戦参加や練習試合をすること、宿泊を伴う否かを問わない)
  に行きますか?
 
 毎年とは、限りませんが、萩あたりに、招待と言う形で、行きます。(今年は、公式ではなく、練習試合という形でした)
   
 その際、前のりで1泊(ただし、遠いところですが、同じ西部地区で、ブロック地区内に該当するようです。)   
県外、地区外は、なかなか、ありません。
        
2 保護者は同伴ですか それとも役員同伴ですか
行ける保護者同伴です(役員中心に)


3 移動手段はなにですか
  自前のマイクロバス、貸切バス、保護者のマイカー、電車

監督、コーチ、保護者のマイカー分乗です

4 年間どのくらい行きますか
1回くらいです

5 “弱いチームは遠征できない”という法則はあると思いますか?
  弱いと保護者の協力が得にくい?
  弱いのに遠くに行くのはおかしい?
  弱いとだれも試合してくれない?

うちは、強くはありません。勝ち上がってのお泊りではない模様ですので、(一度、そうなってみたい 笑)保護者の協力は、ある方かな。みなさん、協力的だと思います。

うちの遠征試合は、監督同士のお付き合いなどから、遠征試合が、組まれる様でもあります。これに勝ったら、遠征にいけるぞ~~という、監督の檄は、良く聞きます。

弱くても、お泊りして、みんなで、裸の付き合いをし、笑いはじけて、思い出を作る事も、大事かと思います。
2006.01.11 以上sesami2号さん


ももちびももちびさん

ミニバスの遠征についてです

1 遠征
 (所属する都道府県外ないしブロック地区外へ出かけて行って
カップ戦参加や練習試合をすること、宿泊を伴う否かを問わない)
  に行きますか?

  もちろんお誘いを受ければ行きます。
  県外は今までありませんが、ブロック外は2回ほど行きました。
  女子部は、今年度はちょっと弱いので参戦しませんでしたが、
  男子部は、宿泊付きのカップ杯にでました。

  来年度は女子部も参戦予定です。

2 保護者は同伴ですか それとも役員同伴ですか

  指導者の考え次第で、同伴が必要ならついていきます。
  宿泊がなければ、車だしの当番が連れて行きます。

3 移動手段はなにですか
  自前のマイクロバス、貸切バス、保護者のマイカー、電車

  保護者マイカーがほとんどですが、宿泊先のマイクロバスが迎えに来てくれたこともあります。

4 年間どのくらい行きますか

  はじめにかいちゃいましたね。2回くらいですね。

5 “弱いチームは遠征できない”という法則はあると思いますか?
  弱いと保護者の協力が得にくい?   

  必要性を理解できれば、遠くでも大丈夫だと思います。
  女子部は弱かったので、今年は行かなかったので、これに当てはまりますね。
  周りが強すぎるカップ杯には、子ども自身の自信喪失に繋がってもこまっちゃいますから。

弱いとだれも試合してくれない?

  それはないと思います。弱いから試合をしないということは、一向に強くなる要素がなくなってしまいます。
  今年1年、スタートは、べたべたのチームでしたが、指導のおかげと、練習試合の積み重ねで、それなりの試合ができるチームになってきました。
  子ども達は、練習では得られない、真剣なムードを感じ取り、何倍ものスピードで自分のものにしていきます。
  1週間の練習より、1回の試合は大きいと思います。

  弱いのに遠くに行くのはおかしい?

  保護者の協力がなければ、何事も進まないことが多いもの。
  そこを納得させるのが、代表の務めです。

  子ども達が、悔いのないスポーツができる後押しをやって行きたいものです
2006/01/31 以上ももちびさん

新ミニバスあるはる

2006年01月07日 09:29

ミニバスあるはるが新出発しました\(~o~)/

ミニバスあるはるは、アメーバブログで、2004年6月17日にオープンしました。
「教えてミニバス」「今週のミニバストラバ掲示板」を展開してまいりましたが、12月ころからなんとなく行き詰まりを感じていました。

2006年1月5日 

ミニバスおやじ連盟・ミニバスおかん連盟 

が発足しました。

ここでは、おやじ連盟・おかん連盟加盟の各ミニバスブログが随時紹介され、情報を得やすくなりますので、「今週のミニバストラバ掲示板」の役目は薄くなったと判断しました。

他方で、2006年1月6日あたたかいメッセージをいただきました。

「明けましておめでとうございます^0^
思い起こせば私がblogを立ち上げて、初めて入ったトラックバックがあるはるさんでした。
ここから世界が広がったといっても過言ではありませんし、ミニバス大好き仲間の一員に加えていただきました。
本当に有難うございました。
今年も皆さんから色々教えていただきたいとおもっています。
どうぞ宜しくお願いいたします☆
kokoro (2006-01-06 01:25:58) 」

強引なトラックバックで、トラックバック受付拒否に転じられたミニバスブログも数件ありますが、このような感謝をいただけるということは、「はるはるトラックバック」には、まだできることがあるのかなという気持ちがあります。

2005年5月に、悟空のおやじさんから「FC2においでよ」と誘っていただいた言葉を今頃思い出し、
FC2に移転し、「ミニバスおやじ連盟・ミニバスおかん連盟」傘下に入れていただいて(東京三菱に泣くつくUFJかいな)新出発することを一方的に宣言したします。

当面は、過去の「教えてミニバス」を再利用したトラックバックで、
しのいでいきたいと思いますので、よろしくおねがいいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。